加入するうえでの重要ポイント

火災保険で保障してもらう対象のフィールドは建物と家財に分けられています。マイホームの人は、ご自身の保有している建物と家財の双方で備え付けておくことが不可欠です。賃貸の人は、建物は家主が所有することから加わることは不可能ですが、家財に加わっておくことが大切です。加えて、家主に対する補償である借家人賠償責任特約に加わるほうがいいでしょう。加わる時には想定外のときの生活の立て直しを考え、加入することが出来る上限額まで備えておくことが重要です。

被害を受けたときの評価の方式について

火災保険は時価評価方式および再調達価額評価方式の二つに区分されています。時価評価は、被害を受けた建物や家財の被害をうけた時点において評価の額で弾き出されるスタイルです。わかりやすく言うと、減価償却した真価のみでしか査定されないため生活の立て直しに絶対不可欠の額には欠損する傾向にあります。それに対して再調達価額評価とは、被害を受けた建物や家財を修復あるいは同じ位の物を新しい品で買いなおした状況での評価額として弾き出されるスタイルです。生活の立て直しに十分な額面がありますので、再調達価額評価方式の火災保険が賢明だといえます。

それぞれの会社の特約も重要です

火災保険は特約という形で地震保険をセットにすることが可能だと言えますが、地震保険は国と一緒になって進めている保険ですので、それぞれの会社は同じ保険料になっています。その一方で、地震保険に加えて保険会社毎に特徴的な特約がありますのでそういう部分で検討するアプローチもあります。ひとつの例として隣に火事を移らしてしまった時の類焼損害特約など、それぞれの会社ごとにバラエティに富んだバリエーションが備えています。

火災保険に加入しておかないと、隣家から自宅に火が燃え移っても自宅は補償の対象にならないので大変です。