企業や事業家が顧問弁護士を抱えているのは?

日常的に商取引を行っている企業や事業家には、顧問弁護士というものを抱えているところが少なくありません。これは、商取引を行っていればその上で様々な法律問題が発生してくることになるために、あらかじめ法律の専門家である弁護士を擁しておくことで、そうした法律問題を迅速に処理できるよう備えているのです。弁護士にとっても、顧問弁護士になることで安定的に仕事を得ることができるので、このあり方が双方にとってメリットのあるものとなっているのです。

商取引上の問題を法的に解決するために弁護士が必要に

商取引というものは、すなわち債権と債務の関係とも言えるものであるために、その決済がスムースに行かなくなった場合には、トラブルへと発展してしまうことになります。売掛代金の決済が指定日にまでに行われずに、不良債権と化してしまったり、賃料の支払いが期限までに行われないといったようなトラブルが、実際の商取引では数多く発生しているわけです。このような場合に、こうした問題を法律に沿って解決して行くために、法律のプロである弁護士の力が求められることになるのです。

債権の取立てを代行することができるのは弁護士だけ

売掛代金が期日までに支払われない、賃料の支払いが行われない、といった不良債権が発生した場合には、当然に債権の取り立てという問題が発生することになります。こうした場合には、弁護士が債権者に代って債権の取り立てを代行するという場合があります。これは弁護士法によって、弁護士は債権の取り立てを代行することができる、と定められているからなのですが、こうした場合に、弁護士以外の者が債権者に代って債権の取り立てを行うと、弁護士法違反として摘発されることになるのです。

交通事故や日常的なトラブルがあると、弁護士のお世話になることがあります。鹿児島でのトラブルなら鹿児島の弁護士が信頼できます。