複数の口座を開設してリスク分散をする!

FXでは口座をいくつか作っておいて、リスク分散をすることが重要ですね。例えばFXの口座を1つしか作っていなかった場合、色々な不都合が生じてしまいます。もし相場の急変などがあって大きな損失が出てしまった時に、1つの口座にしか自分の投資資金を入れていなかったとしますよ。そうしたら、投資資金がほとんどなくなってしまうことにもなりかねませんね。これが1つではなく3つの口座に別々に投資資金を入れていたなら、このようなことにはならないのです。

ポジションを複数持つことによってリスク分散する!

FXでは1つのポジションだけではなく、複数のポジションを持つ方が有利になりますね。それは1つしかポジションを持っていなかった場合、そのポジションに情が湧いてきて執着してしまうことが良くないんです。ポジションへの執着は結局は損失で終わってしまいやすいナンピンや塩漬けに発展しやすいのです。このようなことがないようにポジションを作る時には、執着がないように複数に分けてポジションを持つようにすることが重要なことだといえますね。

取引通貨を分散してリスク管理する!

FXでは取引通貨を分散することもリスク管理のためには重要といえますよね。例えば、1つの通貨でしか取引していなかったとしましょう。その場合には1つの通貨分の利益しか得ることができませんし、損失が出た場合に損失しかのこりませんよね。2つ以上の通貨を同時に取引していたら、一方に損が出ていてももう一方で利益が出ていることが多いのでリスク分散になるんです。このように取引通貨を複数、分散して取引することでFXでのリスク分散が実現できるというわけなんですね。

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。日本の円とドルやユーロなどの外国の通貨を売買をすることで、利益を得る仕組みです。