教師として働くことができる

教職課程をこなして教員免許を取ることによって、教員採用試験を受けることができます。これは教師として働きたいと思っている人は必須となります。なので教員を目指している人にとってはまず一番大切なことは免許を取ることです。非常勤講師であれば免許を持たなくても学校で働くことができますが、腰をすえて長く教師として働きたいならばぜひとも取っておきたい資格になります。なので教師に興味のある人は必須の資格となります。

いざというときの保険になる

今の段階で教師にならなかったとしても、将来的に転職を考えたときに教師を選びたくなるかもしれません。そうなったときに一から教職課程をこなして単位を取るのはとてもしんどいので是非学生のうちに取っておくほうがよいです。そうすれば職業選択の幅も広がり、視野も広くなります。なので教師になるという確信は持てなかったとしても、少しでも興味があるならば教員免許を取っておくことで将来への選択肢を増やすことができます。

教職課程の勉強ができる

教職課程の勉強は教育心理学をはじめとした教育に関する様々なことを授業で受けることになります。これは実際に教育の現場に立ったときにもちろん役立つのですが、それ以外にも自分に子供ができたときに教育するときにも役立てることができます。ほかには自分のたどってきた人生の復習をすることで自分の強みや弱みに関して復習することができます。なので実際に教師にならなかったとしても、教養として大いに役立てることができます。

教員募集の特徴について興味がある場合には、なるべく多くの求人の給料や休日、福利厚生などの条件を把握することが有効です。